ここから本文です

ラグビー富山第一 花園へ意気込み 27日報徳戦

12/4(月) 12:47配信

北日本新聞

 第97回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月8日・花園)に県代表として出場する富山第一の河合謙徳監督、前川海哉主将らが4日、北日本新聞社を訪れ、全国に向けた意気込みを語った。

 河合監督は「試合の最初の10分間が大事。そこで強みを発揮できれば良い戦いができる」と語った。チームはフォワード陣が自慢。フランカーの前川主将とナンバー8の金岡還選手の名を挙げ「スペースのある状態で、良いランナーにボールを持たせたい」と話した。

 前川主将は「今季は花園1勝をずっと目標に掲げてきた。感謝の気持ちを胸に、チャレンジャーとして挑みたい」と力を込めた。

 本吉達也校長が同行した。臼田北日本新聞社常務が河合監督に激励金を手渡した。

 富山第一は27日午後2時40分から、報徳学園(兵庫)との初戦に臨む。今後、県外遠征などをこなし、25日に出発する。

北日本新聞社

最終更新:12/4(月) 16:58
北日本新聞