ここから本文です

世界狙う「マッハドラゴン」 突きの速さ磨く【空手・熱視線】

12/4(月) 20:20配信

沖縄タイムス

■伊礼龍寿(りゅうき)君(11) 上地流空手道拳優会本部道場

 最大の武器は突きの速さ。6歳から空手を始め、ことし5月に個人組手で県大会を制し、8月には団体で九州大会に優勝した。名前の「龍」から「マッハドラゴン」の異名を持つ。目標は「スピードドラゴン」と呼ばれる日本を代表する荒賀龍太郎選手。

 試合に勝つことが楽しく、道場には週に4回通う。速さに磨きをかけ、将来はナショナルチーム入り、そして世界大会で優勝する夢を持つ。

 嘉手納小6年生。来春には嘉手納中学校へと舞台を移す。「1年生のときから上の年齢を抑えて活躍したい」。夢実現へ精進を重ねる。

最終更新:12/4(月) 20:20
沖縄タイムス