ここから本文です

ミヒャエル・ハネケ監督最新作「ハッピーエンド」2018年3月日本公開

2017/12/5(火) 16:06配信

CDジャーナル

 『白いリボン』『愛、アムール』と2作連続で〈カンヌ国際映画祭〉“パルムドール”を受賞した名匠、ミヒャエル・ハネケの最新作「ハッピーエンド」が2018年3月3日(土)より東京・角川シネマ有楽町ほか全国で公開されます。

 第70回〈カンヌ国際映画祭〉コンペティション部門に出品された「ハッピーエンド」。難民が多く暮らすフランス北部の町、カレーを舞台に、それぞれ問題を抱えた3世代の家族の姿を描いています。『愛、アムール』で父と娘を演じたジャン=ルイ・トランディニャンとイザベル・ユペールが本作でも裕福な家族の父と娘に扮しているほか、マチュー・カソヴィッツ、トビー・ジョーンズ、ファンティーヌ・アルドゥアンらが出演。

 本作に関してハネケは「私の映画はすべてエモーショナルだ。ある意味、私はいつも同じような映画を作っている。映画監督とはそういうものじゃないか?だが、少しでも前より良いものを作っていきたいと願っている。とにかく、今回は“良い”映画を作ろう、とは思わなかった。“不快”な映画を作るときだ、とね」と語っています。

最終更新:2017/12/5(火) 16:06
CDジャーナル