ここから本文です

アドミュージアム東京がリニューアル 新たな視聴ブースを設置

12/5(火) 14:00配信

MarkeZine

アドミュージアム東京がリニューアル 新たな視聴ブースを設置

画像

 12月1日、広告を専門としたミュージアムである「アドミュージアム東京」がリニューアルを行った。同館は2002年に12月にカレッタ汐留に開館後、15周年となるタイミングで全館リニューアルする運びとなった。

【写真・画像】4つのきもち

 同館には江戸時代から現在までの広告が展示されており、社会と広告のかかわりや広告領域の変化などを見て取ることができる。今回のリニューアルによって、作品の見せ方も大きく変化している。

 また、新たな視聴ブースとして「4つのきもち」と「コレクションテーブル」が追加された。「4つのきもち」では、びっくりする広告、考えさせられる広告、心あたたまる広告、元気ができる広告を4つのブースの中で閲覧することができる。

4つのきもち 一方「コレクションテーブル」では、大型タッチ式モニターで1950年代から現在までのTVCM、ポスターなど約2,000点の広告資料を見ることができる。

コレクションテーブル これらは常設展示となっており、企画展示も随時開催される。別フロアでは、広告・マーケティングに関する専門ライブラリーも新しくなり、一般の来場者でも資料を手に取りたくなるような工夫が施されている。

【利用案内】
 入場料:無料
開館時間:火~土 11:00~18:00
 休館日:日、月
  住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留

最終更新:12/5(火) 14:00
MarkeZine