ここから本文です

電通デジタルと電通、動画広告の最適化行う「BRAND LIFT CHECKER」をリリース

12/5(火) 15:00配信

MarkeZine

 電通デジタルと電通は12月5日、クリエイティブ観点でマスとデジタル媒体向けの動画広告の最適化を実現するサービス「BRAND LIFT CHECKER(ブランド・リフト・チェッカー)」の提供を開始した。

 同サービスの開発にあたり両社は、過去に蓄積した2,978件のYouTube動画広告で実施したGoogleの「ブランド効果測定」をベースに、電通のCMプランナーによる独自のクリエイティブ観点からの178項目に及ぶチェックと、データサイエンティストによる分析を加えた。これにより、人の態度変容を促す動画広告の要素・組み合わせを解明するに至った。

 また、178項目の中には、「冒頭1秒以内にブランド名が出る」「著名人が出演している」といった自動的に機械で判別可能な項目に加え、「感動的」「かわいい」といったような人にしか判別できない項目も含まれている。

 今回のサービスを活用することにより、「マス媒体向けに開発した動画広告をデジタル媒体向けにアレンジする場合」「デジタル媒体向けに動画広告を展開する場合」の両方において、“最も人の心を動かす、最適な動画広告”の制作サポートが実現する。

最終更新:12/5(火) 15:00
MarkeZine