ここから本文です

知識「活用」へ一新 共通テスト試行調査

12/5(火) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「未来の創り手として社会に貢献するために必要な資質、能力を測る」。こんな狙いで導入される「大学入学共通テスト」の試行調査の問題が4日、公表された。大学入試センター試験と大きく異なる出題には、「知識偏重」と言われてきた日本の教育全体に変革を求めるメッセージが込められている。(増谷文生、氏岡真弓)▼1面参照

 ■Tシャツ売り上げ、最大になる価格は―― 資料から考察、正答率6.8%
 「新しい学習指導要領を意識し、思考力・判断力・表現力を問うことを重視した」。試行調査の問題作成責任者を務めた、大学入試センターの大杉住子審議役は、問題について解説した会見で狙いを語った。……本文:2,745文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社