ここから本文です

「リメンバー・ミー」の日本版エンドソングをシシド・カフカとスカパラが担当

2017/12/5(火) 4:00配信

映画ナタリー

ディズニー / ピクサー最新作「リメンバー・ミー」の日本版エンドソングをシシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラが担当することが明らかになった。

【写真】「リメンバー・ミー」ポスタービジュアル(他5枚)

本作は、1年に1度だけ亡くなった家族に会えるという“死者の日”の祝祭を題材としたミステリーアドベンチャー。シシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラは今回、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を手がけたロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペスの楽曲「リメンバー・ミー」をアレンジし、演奏する。

「信じられなかった。人生何が起きるかわからないですね!」と起用に対する驚きを語るシシド・カフカは、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボに関して「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面白くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかく早く皆さんに聴いていただきたいです」とコメント。また音楽を禁止されている主人公のミゲルについて「私もドラムを反対されていました。女の子なんだから、足開いて座って!なんて言われたり。4年間親を口説き落としたという過去があるので音楽に対しての強い思いとか共感するものがありました。今は家族が一番のファンで一番応援してくれる存在なので、自分の家族の顔を思い出しながら映画を観ていました」と述懐する。

東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志(ギター)はシシド・カフカとのタッグについて「この曲で出会えたのはすごく運命的! 南米とスカパラの関わりもあるし、カフカちゃんの(メキシコ)生まれも」と語る。また谷中敦(バリトンサックス)は今回のアレンジについて「スカパラらしさをもって、スカパラならではのアレンジにしようと、目いっぱいスカパラの気持ちで演奏させてもらいました。レコーディングもすごく楽しかった!」と回想。茂木欣一(ドラム)は「大切な仲間と一緒の頃の記憶を思い出したり、すごくときめいたりしたことを、思い起こさせてくれる映画。すごく大好きな作品です!」と作品の感想を述べている。

「リメンバー・ミー」は3月16日より全国ロードショー。なお「アナと雪の女王」の新作短編「アナと雪の女王/家族の思い出」が同時上映される。



(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (c)2017 Disney. All Rights Reserved.

最終更新:2017/12/5(火) 4:00
映画ナタリー