ここから本文です

“死の組”突破目前のローマ、主将デ・ロッシ「運命は自分の手と足で掴む」

12/5(火) 13:49配信

GOAL

ローマMFダニエレ・デ・ロッシが4日、チャンピオンズリーグ(CL)第6節カラバフ(アゼルバイジャン)戦の前日記者会見に臨んだ。

“死の組”グループCのローマは5日、既に敗退が決まっているカラバフをホームに迎える。現在ローマは勝ち点8ポイントで2位のつけており、最終戦に勝利すれば決勝トーナメント進出が確定する。しかし、3位のアトレティコ・マドリーとは2ポイント差のため、引き分けもしくは敗れた場合、同時キックオフのアトレティコ対チェルシー戦の結果次第では、グループリーグ敗退の可能性もある。

そのため、主将のデ・ロッシは、グループ最下位が決定しているカラバフとの一戦にも警戒を緩めない。

「CLにおいて歓喜することもあれば、失望に終わったこともあった。決勝トーナメント進出は重要だ。グループリーグでこれほど上手くいった覚えはないよ。ヨーロッパに向けて良いイメージを発信できると思う」

「自分たちの運命は自分たちの手と足で決まる。(ディエゴ)ペロッティや(ラジャ)ナインゴランは準備が整っている。(アレクサンダル)コラロフも苦労しているようだが、おそらく出場するだろう。カラバフはチェルシーとの初戦(6-0でチェルシーが勝利)の時とは違うはずだ。リスペクトを欠かさず柔軟性を持って挑まなければならない。勝ちたいね」

ローマは、セリエAでも首位と5ポイント差の5位と好位置につけている。デ・ロッシは、今季から指揮をとるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督を称賛している。

「(ルチアーノ)スパレッティは(フランチェスコ)トッティと問題を起こしたこともあった。代わりを務めるのは不可能ではないとはいえ、難しいはずだと思っていた。ローマでデビューを飾ったばかりの指揮官にとって、この6ヶ月は最高の成績だと思う」

GOAL

最終更新:12/5(火) 13:49
GOAL

スポーツナビ サッカー情報