ここから本文です

知らないと危険 早期英語教育で思考力、知的好奇心が育たなくなる理由

2017/12/5(火) 13:00配信 有料

THE PAGE

知らないと危険 早期英語教育で思考力、知的好奇心が育たなくなる理由

外国語に限らず早期教育の賛否が今、問われているのはなぜ?(写真はイメージ、提供:アフロ)

(この記事は、2016年10月15日に月額有料サービスで配信した記事の再掲載です)
乳幼児期から英語などの外国語に触れさせることで、自然とバイリンガルに育つと信じている人がいる一方、外国語教育に限らず、早期教育そのものがよくないと訴える専門家もいます。なぜ早期教育が問題ななのか、“思考力”や“知的好奇心”を育む幼児期にふさわしい教育について、東京コミュニティスクール・探究プロデューサーの市川力さんが解説します。
-----------------------------------------

 早くから教えておけばそれだけ有利なはず……教育効果が高い……。

 誰もがあまり疑うことなくこの発想を受け入れ、英語に限らず早期教育に子どもを駆り立てる。しかし、実はここに大きな落とし穴がある。今回はその話をしてみたい。 本文:3,198文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/2(火) 16:34
THE PAGE