ここから本文です

小林悠 逆転W杯メンバー入りへ「E―1で活躍するしかない」

12/5(火) 6:00配信

スポニチアネックス

 E―1選手権に臨む国内組の日本代表が4日、東京都内で合宿をスタートさせた。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が生き残りへ積極的なアピールを厳命する中、リーグ得点王で川崎Fに初タイトルをもたらしたFW小林悠(30)は、ゴールを量産して逆転でのメンバー入りへ意欲を示した。9日に北朝鮮、12日に中国、16日に韓国といずれも味の素スタジアムで対戦する。

 優勝の余韻に浸る様子は全くなかった。国内組にとって、W杯本大会のメンバー入りへラストチャンスとなるE―1選手権。リーグ優勝&得点王のタイトルを引っ提げ合流した小林だが「切り替えないといけない」と引き締まった表情。「ここで活躍すれば一気にメンバーに入れるかもしれない。というか僕はそこに懸けるしかないんで」と並々ならぬ決意を示した。

 小雨が降る中、練習前には指揮官が約11分間、選手を鼓舞した。「選ばれたからにはチャンス。一切遠慮するな」。優勝した前身の13年東アジア杯では、大迫、森重、斎藤ら6人が最終的に日本代表に滑り込んでおり、点取り屋として円熟味を増した小林にとっても大きなチャンス。国際Aマッチはこれまで8試合に出場しているが、まだ無得点だけに今大会の目標を聞かれると間髪入れず「ゴールを決めたい」と答えた。

 リーグ戦では最終節でハットトリックを達成し、逆転で得点王に輝いた。この日、月間MVPに選出されたが、さらにリーグ最優秀選手賞やベスト11に推す声も多い。さらにE―1選手権での優勝と得点王など、これまでクラブではタイトルと無縁だったが一気にタイトルを独占する可能性もある。Jリーグで今季最も輝いたストライカーが、今度は代表でも輝きを放つ。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合