ここから本文です

川越・ふじみ野市、知事に要望 台風被災…生活再建支援を

12/5(火) 7:55配信

産経新聞

 川越市とふじみ野市は4日、県庁で、10月に発生した台風21号による被災者の生活再建と治水対策を求める要望書を上田清司知事に提出した。

 要望は、県・市町村生活再建支援金制度の適用範囲拡大のための制度改正▽治水対策の強化のため国と連携し河川整備を推進▽市町村独自の被災者支援に県による財政的支援-の3点。

 川越市の川合善明市長とふじみ野市の高畑博市長から要望書を手渡された上田知事は「他の市町村の意向を踏まえて検討していく」などとコメントした。

 台風21号は10月22~23日にかけて県内に接近し、川越市で床上浸水245棟、ふじみ野市で同219棟などの被害が発生。両市の市境の「江川流域都市下水路」の流域では、護岸の崩壊や内水の滞留による広範囲の浸水が起きた。

最終更新:12/5(火) 7:55
産経新聞