ここから本文です

<ご当地ナンバー>恐竜ナンバー発進へ 福井

12/5(火) 9:39配信

毎日新聞

 自動車のナンバープレートに全国各地の図柄をあしらう「ご当地ナンバー」について、福井県は国に提案する福井ナンバーのデザインを決めた。福井市の会社員、檀野有十さん(36)が応募した恐竜化石の図柄で、国の審査を経て来年7月に正式決定し、10月から交付開始となる予定だ。

 県がデザイン案を募集。有識者の審査会で応募363点から10点に絞った上で、インターネットでアンケートを実施したところ、檀野さんの案が1837票中、最も多い370票を獲得したという。

 ご当地ナンバーは、「走る広告塔」として地域の魅力を発信するために国土交通省が導入。県ブランド営業課によると、図柄入りナンバープレートの交付には、フルカラーで8000円程度、モノクロで7000円程度かかる。【岸川弘明】

最終更新:12/5(火) 15:06
毎日新聞