ここから本文です

イングランド、ロシアW杯後もサウスゲート監督続投へ...協会トップが明言

12/5(火) 22:02配信

GOAL

イングランド代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後もガレス・サウスゲート監督に指揮を託す考えのようだ。

2016年9月にサム・アラダイス監督の後任としてイングランドを率いることになったサウスゲート監督。当初は暫定監督として就任したが、3カ月後に正式就任すると、W杯欧州予選を勝ち抜いて母国を6大会連続15回目のW杯出場に導いた。

FA(イングランドサッカー協会)のマーティン・グレンCEOは、サウスゲート監督について次のように語っている。

「イングランド代表がノープレッシャーでロシアに向かうわけではない。我々は勝利を目指す。だが現実を見つめながら、だ」

「サウスゲートは今後数回の大会に向け、適した監督だ。我々は彼を信頼している」

GOAL

最終更新:12/5(火) 22:03
GOAL