ここから本文です

阪神ドラ4島田、背番号53 赤星2世として聖地駆ける

2017/12/5(火) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神のドラフト4位・島田海吏外野手(21)=上武大=が4日、入団初年度からの活躍で伝説継承を誓った。入団会見に合わせて背番号が発表され、「53」に決定。球団OBの赤星憲広氏(野球評論家)が2001年の入団から9年間、背負い“準欠番”扱いだった「53」。俊足&好守の外野手で共通項も多数。偉大な番号を背に、赤星2世として聖地を駆ける。

【写真】イケメンぶりに女性ファンが熱視線!虎のドラ3・熊谷敬宥

 2桁の背番号以上に、重さを感じていた。背に光るのは「53」。島田はまだ興奮を抑えきれずにいた。「自分が付けていいのか…。本当に驚きでいっぱいです」。幼少期から球団OBの赤星氏に憧れ、テレビ越しに声援を送った。阪神に入団し、重ねる未来像。目標がより明確になった。

 「赤星さんが常にフィールドを駆け回っていて。走塁で勝利を導く姿を何度も見てきました。この背番号に見合った活躍を1年目からしていきたいです」

 大学1年春から出場したリーグ戦では、全79試合で39盗塁をマークした。今夏のユニバーシアードでは1番打者として7戦3盗塁。世界相手にも快足を見せたが、同氏の走塁技術からヒントを得た。「スライディングまでの形を少しマネてみたり、イメージしてきました」。ベース近くで滑る技術も、学んだ。

 二塁到達タイムは3秒1台、一塁までは3秒7台。いずれも赤星氏に肩を並べる数字だ。同氏は入団初年度に39盗塁し、盗塁王と新人王の二冠。5年連続盗塁王に輝いた実績を持つ。球団で歴代最多の通算381盗塁。島田は「自分がどこまで通用するか。数字というより一つでも多くの盗塁を1年目から積み重ねていきたい」と謙虚に話すが、期待を寄せるのは金本監督だ。

 「赤星もどっちかって言うと、足だけで入ってきた選手でね。1年目からレギュラーで盗塁王を獲った。彼にも十分そのチャンスはある。足の速い選手が欲しかったんでね」

 故障さえなければ来春、1軍キャンプ参加が有力。福留、糸井に俊介、中谷、高山…。ライバルは多いが、無限の可能性を秘める。「武器はスピードを生かした打撃、守備、走塁。赤星選手のような選手になりたいです」と島田。偉大だった先人の背中は、遠い。それでもこの日、憧れは確かな目標に変わった。

最終更新:2017/12/5(火) 9:10
デイリースポーツ