ここから本文です

モラタ、決定力不足のレアル・マドリーに「僕を恋しいとは思わないでほしい」

12/5(火) 22:16配信

GOAL

チェルシーFWアルバロ・モラタが、古巣レアル・マドリーの現状に言及している。

今夏モラタをチェルシーに放出したマドリーだが、スペイン代表FWを失い得点力不足に苦しんでいる。FWクリスティアーノ・ロナウド(リーガエスパニョーラ2得点)、カリム・ベンゼマ(2得点)はゴール欠乏症に陥り、ガレス・ベイルは現在負傷離脱中だ。

モラタはスペイン『TVE』で「マドリーが僕のことを恋しく思っているかは分からない」と語り、以下のように続けている。

「そう言ってもらえるのは嬉しいけれど...、そんな風に言う必要がない状況が望ましいね。それはマドリーがうまくいっている証なわけだからさ」

C・ロナウドには、元チームメートとしてエールを送っている。

「クリスティアーノが多くのゴールを決めることを願っている。そして、疲れた状態でワールドカップに向かってほしい(笑)」

またチェルシーでの日々に関しては、満足感を示した。

「しっかり練習すれば、試合に出れるという可能性があるというのは代えがたい。街並みやお金を重視したら、おそらくマドリッドに残っていただろう。あそこでは、すべてが揃っていた」

GOAL

最終更新:12/5(火) 22:16
GOAL

スポーツナビ サッカー情報