ここから本文です

校内暴力の被害者10人中6人が小学生…性暴力も3年連続で増加=韓国

12/5(火) 13:32配信

WoW!Korea

韓国で、校内暴力の被害を受けたと訴える学生10人中、6人が小学生であることがわかった。校内暴力の被害内容で最も多いのが言葉による暴力、集団での無視、ストーキング、サイバー空間での嫌がらせなど、精神的な暴力が全般的に多かった。また、わいせつ・性的暴行の被害比率が年々増えていることも調査された。

 教育部(文科省に相当)は、このような内容が含まれた2017年2次学校暴力実体調査結果を5日、発表した。

 今回の実体調査は、去る9月18日から10月27日まで全国の小学校4年生から高校3年生の約360万人を対象に実施。全体学生の94.2%が調査に参加した。

 校内暴力の実態調査は毎年3~4月と9~10月の2回にわたり、オンライン調査で実施されている。

 調査結果をみると、全般的に昨年の2次実体調査と校内暴力被害・加害・目撃経験や校内暴力に対する意識程度が、ほぼ同じであることがわかった。

 「校内暴力被害を経験した」と回答した学生は約2万8000人(0.8%)と集計された。これは、昨年の2次調査と似た数値だ。

 今回の結果で目を引いたのは、サイバー空間での嫌がらせとわいせつ・性的暴行の比率が年々増加している点。被害別での比率は、サイバー空間での嫌がらせが昨年の2次調査時と比べて10.0%から10.8%(今年)に0.8%ポイント増加。わいせつ・性的暴行の比率は3年連続で増加していた。(4.3→4.9→5.1%)

 また、校内暴力での加害回答率は、昨年と同様。「校内暴力で加害経験がある」と答えた学生は0.3%(1万1000人)と集計された。

最終更新:12/5(火) 13:32
WoW!Korea