ここから本文です

ヤクルト・大引、体調管理で巻き返し図る!6000万円で契約更改

12/5(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ヤクルト・大引啓次内野手(33)が4日、東京・北青山の球団事務所で交渉し、1000万円減の6000万円で契約を更改。今季2勝の山中浩史投手(32)は900万円減の3200万円でサインした。ベテランの域に入る2人は流行の糖質制限で体調を管理し、巻き返しを図る。

 本来は遊撃手のレギュラー格の大引は今季、左肩の違和感などで自己最少の80試合の出場に終わった。「お米とビールは家では控える。野菜をたくさん食べて肉より魚。85-86キロの体重を2-3キロ減らしたい。(定位置争いで)若手に負けるつもりはサラサラない」。

 一方の山中は「揚げ物にマヨネーズをかけていたし、コーラは夏場に1.5リットルも飲んでいた」と反省。タンパク質が豊富でヘルシーな豆腐料理にシフトチェンジし「ベストパフォーマンスを出すために最善を尽くす」と食事面を見直し、来季の逆襲につなげる。