ここから本文です

スパコン開発社長ら逮捕=助成金4億円詐取容疑―「PEZY」社・東京地検

12/5(火) 11:09配信

時事通信

 経済産業省が所管する法人から助成金約4億3000万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は5日、詐欺容疑で、スーパーコンピューターの開発を行うベンチャー企業の社長斉藤元章容疑者(49)=東京都千代田区=ら2人を逮捕した。

【フォトギャラリー】網走監獄の実態~入れ墨乱舞、迫力の風呂場~

 
 ベンチャー企業は、2010年設立の「PEZY Computing(ぺジーコンピューティング)」。他に逮捕されたのは同社元役員の鈴木大介容疑者(47)=同=。

 特捜部は同日、千代田区の同社本社など関係先を家宅捜索した。押収した資料を分析し、実態解明を進める。2人の認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は14年2月、ベンチャー企業への助成事業を実施する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に対して事業費用を水増しした実績報告書を提出し、助成金約4億3100万円をだまし取った疑い。

 ペジー社などは今年10月、世界トップクラスの省エネ性能を誇るスーパーコンピューターを開発したと発表し、注目を集めた。経産省によると、同社は10~17年の間、5件の事業でNEDOから助成金を受け取っていたという。

 斉藤容疑者は新潟県生まれで、新潟大医学部卒業後に東京大大学院医学系研究科修了。これまでに複数のベンチャー企業を創業してきた。 

最終更新:12/5(火) 17:17
時事通信