ここから本文です

米大統領、在イスラエル大使館のエルサレム移設の判断を再度延期

12/5(火) 11:08配信

ロイター

[大統領専用機上 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、在イスラエル米国大使館のテルアビブからエルサレムへの移転するかどうかの発表を控える見込みだ。ホワイトハウスの報道官が明らかにした。

ホーガン・ギドリー報道官は、トランプ大統領がユタ州への訪問から戻る際の大統領専用機内で、決定は「数日以内に」行われると記者団に説明した。

トランプ氏は昨年の大統領選挙で、移転を推進すると約束していたが、6月に移転を半年間先送りする文書に署名。この期限が12月4日に到来した。米国の歴代大統領は、移転を義務付ける法律が1995年に制定されて以来、半年ごとに先送りを行っている。

ただ政府当局者らは、大統領が6日に、エルサレムをイスラエルの首都と公式に認める演説を行うだろうと述べた。これまで数十年間の政策を破棄し、中東での紛争を刺激する可能性がある。だが、最終決定は下っていないという。

パレスチナ自治政府は東エルサレムを首都と主張。一方、イスラエルはエルサレム全域を首都とみなし、全ての外国政府に大使館をエルサレムに置くよう求めているが、国際社会はこれを認めていない。

最終更新:12/18(月) 18:36
ロイター