ここから本文です

<縁起物>よき新年願い 「お飾り」製作ピーク 岩手・宮古

12/5(火) 10:55配信

毎日新聞

 岩手県宮古市で新年の縁起物「お飾り」の製作がピークを迎えている。

 お飾りは同市などの風習。新年を迎える際に神棚に飾る和紙で、色鮮やかな七福神や宝船などが描かれている。60年近くお飾り作りを続ける松下信子さん(81)は、今年も8月下旬から作業を始めた。代々伝わる原画を印刷し、赤や青の顔料で少しずつ色付けをする。東日本大震災があった年も製作を続け、今年も約600枚作る予定という。【小川昌宏】

最終更新:12/5(火) 16:19
毎日新聞