ここから本文です

山中慎介 再戦時期未定も走り込みキャンプ開始

2017/12/5(火) 18:26配信

東スポWeb

 前WBC世界バンタム級王者の山中慎介(35=帝拳)が5日、ジムメートでWBA世界ライト級王者のホルヘ・リナレス(32=ベネズエラ)とともに成田市内のゴルフ場で走り込みキャンプを開始した。

 今年8月にTKO負けした現王者ルイス・ネリ(22=メキシコ)との再戦指令がWBCから出ているものの、試合時期は未定だ。それでも「負けて悔しい思いを走っている時にぶつければ、気持ちは入ってくる。王者でなくなっても、こういう場(試合に向けたキャンプ)をつくってくれるジムには感謝しています」と、プロ初の敗戦をより自分を強くするための糧にする決意だ。

 この日は一般客のプレーが終了してから日没までの約1時間で10キロほどランニングした。「夏よりは寒い方が走りやすいです。面白くはないけど、実戦練習に入る前には絶対に必要なトレーニングですので」と、朝夕の2部練習でトレーニングが本格化する6日以降に向けて気を引き締めた。

最終更新:2017/12/5(火) 18:33
東スポWeb