ここから本文です

〔ロンドン外為〕円、112円台半ば(5日正午)

12/5(火) 21:30配信

時事通信

 【ロンドン時事】5日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米金利の上げ幅縮小を眺めて対ドルで強含み、1ドル=112円台半ばで推移している。正午現在は112円45~55銭と、前日午後4時(112円65~75銭)比20銭の円高・ドル安。
 円は東京市場の流れを引き継ぎ、112円60銭台付近でスタート。手掛かり材料に乏しい中、米金利の上げ幅縮小を受けたドル売りに支えられ、昼前には112円40銭台まで上げ幅を広げた。ただ、商いは非常に閑散で、値幅は20数銭程度にとどまっている。
 来週は注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる上、市場では米税制改革やロシア疑惑などの行方を見極めたいという向きも多く、動きにくい雰囲気があるようだ。
 ユーロは対ドルで小じっかり。東京市場夕刻から軟調な値動きだったが、欧州勢が参戦する時間帯になると徐々に買い戻しが優勢になった。
 対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1860~1870ドル(前日午後4時は1.1845~1855ドル)。対円では同133円45~55銭(133円50~60銭)。
 ポンドは1ポンド=1.3405~3415ドル(1.3475~3485ドル)に下落している。このところ英国の欧州連合(EU)離脱交渉前進への期待感から上昇基調が続いていたが、前日のメイ首相とユンケル欧州委員長らの協議で合意が持ち越されたため、朝から売りが先行した。一時1.33ドル台後半まで下押しされる場面もあったが、売り一巡後は買い戻しで若干下げ幅を縮めている。スイス・フランは1ドル=0.9840~9850フラン(0.9845~9855フラン)。

最終更新:12/5(火) 23:28
時事通信