ここから本文です

「AKB48ステージファイター」、ガチバトルで勝ち残ったメンバーが1日限りの特別公演を披露!

12/5(火) 14:00配信

Impress Watch

 グリーは、Android/iOS用カードバトル型ソーシャルゲーム「AKB48ステージファイター」で行なわれたイベント「第7回センター争奪バトル」において上位ランクインしたメンバーによる特別劇場公演を12月2日に開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「AKB48ステージファイター」は、プレーヤーがAKB48のメンバーのカードを集めユニットを組み、推しメンのコーチとしてメンバーと共に、他のプレーヤーとの「ガチバトル!」に勝利して、センターを目指していくカードバトル型ソーシャルゲーム。カードに使用されている写真は撮り下ろしのものも多い。

【AKB48ステージファイター】

 「第7回センター争奪バトル」は8月16日から31日にかけに開催され、ユーザーのプレイ内容によって順位が決定。結果内容は以下の通りとなった。12月2日には、ゲーム内イベントやログインボーナスで配布された応募券をもとに抽選が行なわれ、当選した500名を招いての特別講演が行なわれた。特別講演は今回で4回目で、曲目・演出・衣装すべてがオリジナルという貴重な機会となった。

【第7回センター争奪バトル】

1位:川本紗矢
2位:向井地美音
3位:坂口渚沙
4位:岩立沙穂
5位:北川綾巴(初)
6位:込山榛香
7位:宮脇咲良
8位:村山彩希
9位:渡辺麻友
10位:佐々木優佳里(初)
11位:柏木由紀
12位:白間美瑠
13位:小栗有以
14位:谷口もか(初)
15位:横山由依
16位:佐藤栞(初)

 公演には、いわゆる強メンと呼ばれる人気メンバーも多数参加しているほか、AKB48での活動が1カ月を切った渡辺麻友さんも出演した。

 劇場の幕が開き、「overture」に続いて披露された1曲目は16名全員による「ヘビーローテーション」。いきなりテンションマックスのまま、「AKBフェスティバル」、「希望的リフレイン」と乗りのいい人気曲を連続で披露していった。「AKBフェスティバル」は特に今回だけのスペシャルバージョンで披露。来場したコーチ陣を沸かせた。

 ここでメンバーは、自分を応援してくれたコーチ陣への感謝を直筆で書いたボードを持ち自己紹介。同時に「最近オーラを感じた人は?」の質問にコメントしていった。印象的な所では、渡辺麻友さんが今回だけの特別な挨拶で「コーチの視線をいただきまゆゆ!」にかえて披露。「オーラを感じた人は?」との問には、「ひふみん(加藤一二三氏)!。おーらというか、仏のような(笑)。光り輝いていました」とコメントし、会場の笑いを誘った。

 また、向井地美音さんは「オーラを感じたのは高橋みなみさん、ソロライブで見てアーティストだと感じた」と話したが、「小嶋陽菜さんも来ていて、『差し入れ持っていってもいいよ』と言われ、貰っていきました」と悪事を暴露! 柏木由紀さんはこれまで開催されたすべての「センター争奪バトル」に入っており、「まぁまぁ、粘りますよね!」と語り、会場も笑いに包まれていた。

 自己紹介の後は、まずはセンターを取ったご褒美として川本紗矢さんがソロで「シンクロときめき」を披露。この曲は渡辺麻友さんのソロ曲だが、川本さんの希望で今回披露された。真っ白いドレスでこの楽曲を披露したのを見た渡辺麻友さんは「本家越え(自分を越えた)。めっちゃカワイイ。大きくなったなぁ」と感想を漏らしていた。

 そしてここから「AKB48ステージファイター」のCM曲を連続で披露。2012年にオンエアされた「君のために僕は…」、2016年にオンエアされた「伝説の魚」、そして特別講演でしか披露されなかった幻の楽曲「ありふれた愛」も披露された。

 ここで、「AKB48ステージファイター」といえば“ガチバトル”ということで、お絵かき対決が行なわれた。メンバーは2組に分かれ、1組目は「マッチョなプロレスラー」を、2組目は「豪華客船」をそれぞれ描いた。いわゆる“画伯”による珍回答が登場する中、それぞれの組で2位までが決勝に進出。「フィギュアスケート」を描く決勝戦で、賞品の“夢の国の年間パスポート”に目がくらんだ渡辺麻友さんが、制限時間をオーバーしても描き続けるという荒技を繰り出す。ところが、川本紗矢さんが描いた絵がカワイイとメンバーからの感想も後押しとなり、コーチ陣の拍手も最も大きく、優勝は川本紗矢さんとなった。

 ライブ終盤では「LOVE修行」、「#好きなんだ」を全員で披露。ここで一旦終了となったが、幕間に特別映像が流され、川本紗矢さんが「AKB48ステージファイター」の新衣装をデザインすることが明らかとなった。川本紗矢さんはピンクが好きということで、ピンク色の衣装となり、「身近でかわいい」をコンセプトに、新衣装はパジャマとなる。この衣装は、来春リリースが予定されている。

 アンコールでは、「ポニーテールとシュシュ」、そして新曲「11月のアンクレット」を披露。この時の衣装は渡辺麻友卒業コンサートで使用されたものだが、コンサートで渡辺さんは白いドレスを着ていたため、今回初めて着ることになったという。アンコールラストは「ひこうき雲」で締めくくられた。

©AKS ©GREE, Inc.

GAME Watch,船津稔

最終更新:12/5(火) 14:00
Impress Watch