ここから本文です

NZ外相、中国との緊密な関係構築を表明 保護主義巡る懸念後退

12/5(火) 17:16配信

ロイター

[ウェリントン 5日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のピーターズ外相は5日、中国と緊密な関係を築くと表明した。ナショナリスト政党のNZファースト党を率いるピーターズ氏を巡っては、保護主義的な姿勢が主要貿易相手国である中国との間での緊張を高めるとの懸念があったが、それが和らいだ形となった。

副首相を兼任するピーターズ外相はウェリントンで学識者や外交官に対し、NZと中国は持続的な経済発展と国民の福利に対する取り組みを強化していると指摘。「中国との緊密な関係構築を引き続き模索していく」と述べた。

両国は2008年に発効した2国間の自由貿易協定(FTA)の拡大に向けて交渉を行っている。ピーターズ氏は、FTAが「貿易自由化に向けた共通のコミットメントを示すものとなる」と述べた。

最終更新:12/5(火) 17:16
ロイター