ここから本文です

無心で歩けば…福岡・愛宕神社で「火渡り神事」

12/5(火) 20:03配信

朝日新聞デジタル

 燃えた炭の跡を素足で歩いて身を清め、無病息災などを祈願する「火渡り神事」が5日、福岡市西区の愛宕神社であった。冷たい雨風で身震いする寒さの中、参拝者は荒行で心も体も温めた。

【写真】炭の上を歩く参拝客=5日午前11時49分、福岡市西区の愛宕神社、長沢幹城撮影

 山伏姿の修験者たちがお経を唱え、願い事を書いた護摩木を燃えさかる火の中に投げ入れた。その後、参拝者は一人ずつ、手を合わせながら渡った。初めて体験したという地元の主婦(56)は「無心で歩きました。来年は災害のない年になってほしい」と話した。(貞松慎二郎)

朝日新聞社