ここから本文です

はしださん パーキンソンに続き、白血病発症も「わしは闘う」…通夜で元マネ明かす

2017/12/5(火) 20:10配信

デイリースポーツ

 2日にパーキンソン病のため72歳で亡くなった、フォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手、はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんの通夜が5日、京都市伏見区内で営まれ、ミュージシャン仲間ら約400人が参列した。

【写真】祭壇には「風」の文字、横には愛用したギターが飾られた

 約20年前からパーキンソン病と闘い続けたはしださん。通夜では冒頭に主治医からの闘病経過を記した手紙が読み上げられ、今年5月には急性骨髄性白血病を患ったことなどが明かされた。元マネジャーで40年の付き合いになる田所資裕さん(63)は「のりさんは闘う人でした」と振り返り、急性骨髄性白血病を発症した際も「わしは闘う」と抗がん剤治療を受けたという。田所さんは「根は優しい人ですが、仕事には厳しい人でした」としのんだ。

 祭壇は、白い花を並べてヒット曲「風」の文字があしらわれ、愛用のギターやサングラス、手書きの歌詞カードなどが並べられた。会場には「風」をはじめ「花嫁」「悲しくてやりきれない」の楽曲が流された。

 近隣住民による弔辞で、はしださんが町内の地蔵盆にギターを持って参加して「花嫁」を歌唱したり、夜に町内でコンサートを開いていたことも明かされた。

最終更新:2017/12/5(火) 21:09
デイリースポーツ