ここから本文です

はしださん、病室で「奇跡」のギター演奏…通夜でバンド仲間が明かす

12/5(火) 21:23配信

デイリースポーツ

 2日にパーキンソン病のため72歳で亡くなった、フォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手、はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんの通夜が5日、京都市伏見区内で営まれ、ミュージシャン仲間ら約400人が参列した。

 はしださんが高校から大学時代に、最初に組んでデビューしたバンド「ドゥーディ・ランブラーズ」の田平義昭さん(73)と、藤原洪太さん(72)は、大学卒業を機に解散した後も、旧友として親交が続いたことを回顧。

 2人は、はしださんが亡くなる10日ほど前に見舞い、藤原さんが、はしださんの楽曲「祇園の鳥居」をギターで演奏。喜んだはしださんはベッドの上で「貸してくれ」とギターを手にして、しっかりした手つきで演奏を始めたという。かなり体が弱っていた時期で、2人は「看護師さんが『奇跡が起こった』と驚いてました」と振り返った。

 来年に、はしださんの代役を入れてバンドを再結成する計画があり、はしださんも楽しみにしていたという。

 約20年前からパーキンソン病と闘い続けたはしださん。今年5月には急性骨髄性白血病を患った。40年以上の付き合いになる元マネジャーの田所資裕さん(63)は「のりさんは闘う人でした」と、急性骨髄性白血病を発症した際も「わしは闘う」と抗がん剤治療を受けたことを明かした。田所さんは「根は優しい人ですが、仕事には厳しい人でした」と振り返った。

 祭壇は、白い花を並べてヒット曲「風」の文字があしらわれ、愛用のギターやサングラス、手書きの歌詞カードなどが並べられた。

 会場では「風」をはじめ「花嫁」「悲しくてやりきれない」の楽曲が流された。

 通夜では、近隣住民によって、はしださんが地蔵盆にギターを持って参加して「花嫁」を歌唱したり、夜に町内でコンサートを開いていたことも明かされた。