ここから本文です

キャバリアーズが4季ぶりの12連勝 セルティクスは3連勝

12/5(火) 15:06配信

スポニチアネックス

 東地区全体2位のキャバリアーズは敵地シカゴ(イリノイ州)で最下位のブルズを113―91(前半61―45)で下して17勝7敗。レブロン・ジェームズ(32歳)が23得点、7リバウンド、6アシスト、ケビン・ラブ(29歳)が24得点と13リバウンドをマークし、チームは5勝7敗と借金2の状況から12連勝を飾った。

 キャバリアーズの12連勝は2014年1月15日~2月5日以来、4季ぶり。昨季ブルズに所属したドウェイン・ウェイド(35歳)もベンチから出て24得点を記録した。

 敗れたブルズは3勝19敗。11月17日のホーネッツ戦で123―120で勝って以来白星がなく、これで9連敗となった。

 一方、東地区全体首位のセルティクスは地元ボストン(マサチューセッツ州)でバックスを111―100(前半62―49)で退けて21勝4敗。カイリー・アービング(25歳)が後半の19得点を含む32得点を挙げてチームの3連勝に貢献した。

 バックスは12勝10敗。ヤニス・アデトクンボ(22歳)が40得点と9リバウンドを稼いだが、勝利には結びつかなかった。