ここから本文です

<神戸製鋼>長府製造所、JIS認証の一時停止処分

12/5(火) 21:11配信

毎日新聞

 神戸製鋼所は5日、アルミ製品の品質検査データ改ざん問題を受け、長府製造所(山口県下関市)のアルミ工場が日本工業規格(JIS)の認証機関からJIS認証の一時停止処分を受けたと発表した。認証機関は不正が発覚した同工場の「品質管理体制に問題がある」と判断した。

 神戸製鋼は子会社のコベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)の銅製品でもJIS認証の取り消し処分を受けており、今回で2カ所目。いずれも問題となったアルミや銅製品にJISマークを表示することはできないが、前回の取り消し処分と異なり、今回は一時停止処分で、工場の是正措置が取られればJIS認証が復活する。神戸製鋼は検査データ入力の自動化など再発防止の是正措置をとり、認証の復活を目指すという。【川口雅浩】

最終更新:12/5(火) 22:29
毎日新聞