ここから本文です

松本俊夫の追悼企画で「修羅」「銀輪」など上映、700分超の記録映画も

12/5(火) 22:00配信

映画ナタリー

松本俊夫の追悼上映企画「追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで」が、12月9日から22日にかけて東京のシアター・イメージフォーラムにて開催される。

【写真】「薔薇の葬列」 (c)1969 Matsumoto Production(他5枚)

4月12日に85歳で死去した松本は、実験映像、ドキュメンタリー、ビデオアート、劇映画とさまざまなジャンルで作品を残し、映画理論家としても活躍。追悼企画では「薔薇の葬列」や「修羅」といった長編映画、「銀輪」「白い長い線の記憶」などの記録映画、「アートマン」や「色即是空」といった実験映像などが上映され、松本の多彩な活動を一挙に体感できる。

また上映時間700分を超える5部作の記録映画「映像の発見=松本俊夫の時代」も同期間にシアター・イメージフォーラムにて上映。筒井武文が松本の歩みに迫った作品で、湯浅譲二、一柳慧、かわなかのぶひろらが出演している。現在YouTubeにて公開中の予告編では「薔薇の葬列」や「つぶれかかった右眼のために」といった作品の映像、松本のインタビューなどを確認できる。

追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで
2017年12月9日(土)~22日(金)東京都 シアター・イメージフォーラム
料金:一般 1500円 / 学生・シニア 1200円 / 会員 1100円
<上映作品>
「薔薇の葬列」
「修羅」
「銀輪」
「白い長い線の記憶」
「アートマン」
「色即是空」
「つぶれかかった右眼のために」ほか

最終更新:12/5(火) 22:00
映画ナタリー