ここから本文です

「どきどきキャンプ」佐藤、自宅の査定額が購入時より低くてがっくり

12/5(火) 22:32配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ「どきどきキャンプ」佐藤満春(39)が、5日放送のフジテレビ系バラエティー「有吉弘行のダレトク!?」(火曜・後10時)に出演。3か月前に4100万円で購入したばかりの一戸建て自宅の現在の査定額に肩を落とす一幕があった。

 東京・町田市に建つ4LDKの一戸建て住宅を土地代2700万円、建物代1400万円で購入したという佐藤。高い買い物だったが、最寄り駅の玉川学園前駅まで徒歩15分という好立地に「6000万円くらいになったら、うれしいですけどね」と自信をのぞかせた。

 しかし、鑑定歴20年の不動産鑑定士・鈴木良子さんの査定は「3900万円」。「現在、土地は500万円下がっているけど、建物が300万円上がっています。これは建売住宅のトリックで、買った時の販売価格は業者が付けた値段。査定額が本来の価格です」と査定の理由を明かされた佐藤はがっくりと肩を落としていた。

最終更新:12/6(水) 2:27
スポーツ報知