ここから本文です

野球賭博で永久追放の貴闘力「負けた総額は10億円。自殺しようと思うことはしょっちゅうある」

12/5(火) 19:47配信

スポーツ報知

 元大相撲力士の貴闘力忠茂さん(50)が5日放送のテレビ東京系「神童!力士!億万長者“その後どうなる”職業・肩書まとめ追跡&衝撃データ発覚SP」(火曜・後6時55分)に出演。飲食店オーナーに転身した現在の姿を披露した。

【写真】愛媛国体の相撲で優勝した貴闘力の三男

 最高位は関脇。2000年には優勝を飾るなど天才力士として活躍したが、2010年、野球賭博に関与したとして、相撲界から永久追放された。「ギャンブル依存症でした。競馬、競輪、競艇、オート、カジノ…。賭け事は全部やった。人間がご飯食べるような感覚だった。競馬で1点買い450万円とかカジノで1回で2000万円賭けるとか…。最後10円しか持ってないとか。総額10億円くらい負けていると思う」と振り返った。

 現役時代の年収7000万円から8000万円のほとんどをギャンブルにつぎ込んでいたという。

 相撲界追放から7年。「8年前に離婚した。情けないよね。(追放で)人生終わったなと思った。自殺しようと思うことはしょっちゅうある」と、カメラに向かって静かに話した貴闘力さん。

 借金1億円が残ったが、現在は数店の飲食店を東京の下町中心に経営。早朝から深夜まで働く毎日。「借金をきれいに払って、一歩一歩進んでいくしかない。相撲界に戻れるなら戻りたいですよ。相撲が好きなんだよね。離れたら離れただけ、相撲の深さが分かる。150%以上戻れないけど」と、しみじみ話していた。

最終更新:12/6(水) 14:05
スポーツ報知