ここから本文です

「第2の浅田真央」西野友毬さん、派遣社員に「ジャンプが飛べなくなって羽がもぎ取られちゃった感じでした」

12/5(火) 20:52配信

スポーツ報知

 「第2の浅田真央」と言われた元フィギュアスケート選手の西野友毬(ゆうき)さん(24)が、5日放送のテレビ東京系「神童!力士!億万長者“その後どうなる”職業・肩書まとめ追跡&衝撃データ発覚SP」(火曜・後6時55分)に出演。突然、ジャンプが飛べなくなったことから引退。派遣社員として働いている現在の姿を明かした。

 週5日、レンタルオフィスの受付として働いているという西野さん。12歳で5種類の三回転ジャンプを飛び、14歳で世界3位に上りつめた。

 しかし、15歳の時に「突然、ジャンプが飛べなくなって、羽がもぎ取られちゃった感じでした」と振り返るとおり、15歳から17歳の2年間で体重が10キロ増加。女子選手によくある成長期とともに成績が落ちる悪循環のため、大学卒業とともに引退に追い込まれたという。

 現在は「もうすぐ結婚をしようと思っています」と幸せいっぱい。ダイエットにも励んでいることを笑顔で明かしていた。

最終更新:12/5(火) 20:52
スポーツ報知