ここから本文です

【日本ハム】近藤、1300万円アップ「思った以上に評価してもらった」

12/5(火) 16:52配信

スポーツ報知

 日本ハムの近藤健介捕手(24)が5日、札幌市内の球団事務所で契約更改を行い、1300万円アップの5600万円でサインした。今季は6月に脊椎内視鏡手術(腰椎椎間板ヘルニア摘出術PED法)を受けて戦列を離れたものの、シーズン終盤で1軍に復帰。最終的には57試合で打率4割1分3厘と驚異的な数字を残した。「思った以上に評価してもらった。2か月しか働いてないので来年はその分やらないといけない」と気を引き締めた。

 故障に悩まされながらも、能力の高さを発揮した。出場試合数は少なかったが、出塁率は5割6分7厘。四球はリーグ10位の60個を獲得。11月にはアジアプロ野球チャンピオンシップ2017の侍ジャパンにも選出され印象深い1年になった。

 球団側はシーズン通しての活躍を期待。「首位打者を目指してやっていく。パ・リーグはいいバッターが多いので3割5分以上は打たないと」と来季の目標を掲げた。

最終更新:12/5(火) 16:52
スポーツ報知