ここから本文です

政府、長距離巡航ミサイルの導入検討=敵基地攻撃能力へ布石か―来年度に調査費

12/5(火) 22:56配信

時事通信

 政府は5日、射程900キロ超の長距離巡航ミサイルの導入について検討に入った。

 表向きは離島防衛の強化を目的としているが、性能上は敵のミサイル発射基地などを攻撃することも可能な装備で、将来の敵基地攻撃能力保有への布石とする狙いもありそうだ。2018年度予算案に調査費を計上する方向で調整を進める。

 長距離巡航ミサイルは、敵のレーダーで捕捉されない遠い場所から発射できる利点がある。政府は米国製の空対地ミサイル「JASSM―ER」などを候補としている。航空自衛隊のF15戦闘機に搭載するには改修が必要とされ、来年度以降に具体的な調査を行いたい考えだ。 

最終更新:12/5(火) 23:03
時事通信