ここから本文です

【MLB】大谷との面談はジャイアンツが一番乗り、球宴捕手B.ポージーも同席

12/5(火) 16:06配信

ISM

 ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を目指している大谷翔平投手(日本ハム)が、サンフランシスコ・ジャイアンツと最初に面談を行ったことが分かった。

 これはメジャーリーグ公式サイト『MLB.com』など複数のメディアが、現地4日に報じたもの。ジャイアンツはこの日の面談にブライアン・サビーン球団上級副社長、ボビー・エバンスGM、ブルース・ボウチー監督だけでなく、オールスター捕手のバスター・ポージーも同席したという。

 なお、大谷の移籍先候補はジャイアンツのほか、ロサンゼルス・エンゼルス、シカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャース、シアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレス、テキサス・レンジャーズに絞られたと、『MLB.com』は伝えている。

最終更新:12/5(火) 16:07
ISM