ここから本文です

【オリックス】東明、同い年の一般女性と結婚!完全復活へ「頑張りたい」

12/6(水) 5:07配信

スポーツ報知

 オリックスの東明大貴投手(28)が結婚していたことが5日、分かった。お相手は千葉県出身で同い年の一般女性。昨オフに友人が主催した食事会で知り合い、約1年の交際を経て、今季終了後に婚姻届を提出した。挙式・披露宴は未定ながら、元会社員の夫人とは既に大阪市内で同居を始めている。

 オリックスきっての「愛されキャラ」が永遠の愛をゲットした。11月のファンフェスタでは、薄くなった?頭髪を先輩、後輩問わずイジられまくった右腕は「自分がまさか結婚できるとは思っていませんでした…」と驚きの表情。結婚の決め手について「うーん、どこだろう。落ち着くところ?」とトボけたが、そう話す姿は幸せオーラ全開だ。

 プロ2年目の2015年には10勝を挙げたが、今季は3試合で0勝0敗、防御率4・15と不本意な成績に終わった。8月には昨年11月に続き、右肘手術を受けた。その際も夫人のサポートに勇気づけられたという。「いつも何も言わずに見守ってくれた。来年がラストチャンスと思って頑張りたい」。既にキャッチボールを再開し、来春のキャンプにも間に合う見込み。生涯の伴侶を得た背番号26が来季こそ完全復活を果たす。

 ◆東明 大貴(とうめい・だいき)1989年6月15日、岐阜県生まれ。28歳。富田高から桐蔭横浜大、富士重工を経て、2013年ドラフト2位でオリックス入団。通算78試合に登板して16勝25敗1ホールド、防御率3・98。178センチ、77キロ。右投右打。

最終更新:12/8(金) 1:18
スポーツ報知