ここから本文です

藤田紀子、白鵬の問題行動は「口頭注意でいいのと思うことがいっぱいある」

12/5(火) 12:59配信

サンケイスポーツ

 大相撲の貴乃花親方(45、元横綱)の母でタレント、藤田紀子(70)が5日、フジテレビ系情報番組「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。大相撲九州場所後に日本相撲協会から厳重注意を受けた横綱白鵬(32)について言及した。

 白鵬は九州場所千秋楽の優勝インタビューの際、「日馬富士関と貴ノ岩関の2人を再び土俵に上げてあげたい」と元横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)に暴行を加えた問題に触れたうえで、観客に呼びかけて万歳三唱を行った。暴行問題の結論が出ていない時点で日馬富士と貴ノ岩の土俵復帰を望む発言は軽率で、観客との万歳三唱は横綱の品格を汚す行為と判断され、協会から口頭で注意を受けた。

 藤田はその流れを踏まえ、「(宮城野)親方がきちっと教育できていない。相当遠慮があって、言えないのではないか」と白鵬の師匠、宮城野親方(元幕内竹葉山)の責任を追及。また「親方が言ったことを聞けないようなら、(八角)理事長以下、理事たちが注意してもいい。いままで何度もいろんなことをしている。えっ、口頭注意でいいのと思うことがいっぱいある。だからいまに至っている」と八角理事長(元横綱北勝海)以下、協会幹部にも問題があると指摘していた。