ここから本文です

シシド・カフカ×スカパラ、『リメンバー・ミー』日本版エンドソングで初タッグ

2017/12/5(火) 10:13配信

BARKS

シシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラが、ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日(金)全国公開)の日本版エンドソングを担当することがわかった。

両者がタッグを組むのは今回が初めて。“シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ”として、『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」などで知られるロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が手掛けたナンバー「リメンバー・ミー」に挑む。

メキシコの「死者の日」にインスパイアされて製作されたという『リメンバー・ミー』は、一族の掟で音楽を禁じられている天才ギター少年・ミゲルと仲間たちが陽気でカラフルな“死者の国”で繰り広げる大冒険を描いた物語だ。作品のモチーフにちなんで、日本版エンドソングではメキシコ出身のシシド・カフカと、中南米でも精力的にツアーを展開するなど活躍の場を広げているスカパラに白羽の矢が立った。

自身も家族からドラムを反対されていた過去を持つというシシド・カフカは、主人公のミゲルについて「音楽に対しての強い想いとか、共感するものがありました」としながら、「今は家族が一番のファンで一番応援してくれる存在なので、自分の家族の顔を思い出しながら映画を観ていました」とコメント。今回初めてディズニー/ピクサーの楽曲を手掛けることについては「信じられなかった。人生何が起きるか分からないですね!」、スカパラとの初タッグについては「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面白くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかく早くみなさんに聴いていただきたいです」と語っている。

一方、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志(G)も彼女とのタッグについて「この曲で出会えたのはすごく運命的!」と語り、谷中敦(B.Sax)は楽曲レコーディングを振り返りながら「スカパラらしさをもって、スカパラならではのアレンジにしようと、目いっぱいスカパラの気持ちで演奏させてもらいました。レコーディングもすごく楽しかった!」とコメントしている。また、『トイ・ストーリー』以来ディズニー/ピクサー作品の大ファンだという茂木欣一(Dr)は作品について、「大切な仲間と一緒の頃の記憶を思い出したり、すごくときめいたりしたことを思い起こさせてくれる映画。すごく大好きな作品です!」と太鼓判を押している。

映画公開に先立ち、3月14日(水)には日本語版楽曲が収録された『リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック』の発売も決定した。

■作品情報
『リメンバー・ミー』
2018年3月16日(金)全国公開
(同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』)
監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
原題:COCO 全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:disney.jp/Remember-me

■リリース情報
V.A.『リメンバー・ミーオリジナル・サウンドトラック』
2018年3月14日(水)発売
AVCW-63263 ¥2,500+税
※英語版楽曲 11曲+日本語版楽曲 11曲収録予定

最終更新:2017/12/5(火) 10:13
BARKS