ここから本文です

モリッシー、デヴィッド・キャシディを追悼

12/5(火) 16:26配信

BARKS

モリッシーが週末(12月2日)、NYのマディソン・スクエア・ガーデンで開いた公演で、先月21日に亡くなったシンガー・俳優のデヴィッド・キャシディを追悼した。

◆デヴィッド・キャシディ、モリッシー画像

モリッシーはアンコールで「Suedehead」をパフォーマンスする際、パートリッジ・ファミリーのヒット曲「悲しき初恋(I Think I Love You)」(1970年)をアカペラで歌ったそうだ。

カヴァーはこれだけに終わらず、オープニングではエルヴィス・プレスリーの「You’ll Be Gone」(1965年)を、ショウ半ばではプリテンダーズの「Back On The Chain Gang」(1982年)もパフォーマンスしたという。

最新アルバム『Low In High School』(11月リリース)をプロモートし開催中の北米ツアーは「You’ll Be Gone」で始まるのがお決まりで、「Back On The Chain Gang」は10月に英国BBCラジオ6のイベントでプレイして以来、セットリストの定番になっている。

この夜、モリッシーは「Back On The Chain Gang」をプレイする際、「これは、僕の良き友人クリッシー・ビハインド(ハインド)に捧げる。彼女は避難所にいる、いや…、家にいて編み物してる」と話したそうだ。

モリッシーの北米ツアーは今週木曜日(12月7日)に終了し、2018年2月からUKツアーを開催する。

Ako Suzuki

最終更新:12/5(火) 16:26
BARKS