ここから本文です

いなべ・国道421号 車10メートル転落、夫婦死亡 ガードレール突き破る 三重

12/5(火) 11:00配信

伊勢新聞社

 【いなべ】3日午後8時5分ごろ、三重県いなべ市大安町石榑南の国道421号を東進中の普通乗用車が対向車線のガードレールを突き破り、高さ約10メートル下に転落。運転していた福井県敦賀市三島町、自動車販売業木曽千浩さん(57)と、助手席にいた妻の名古屋市名東区上社一丁目、会社員木曽葉子さん(55)が全身を強く打ち、それぞれ脳挫傷と多発性外傷により死亡した。

 いなべ署によると、現場は滋賀県との県境にまたがる石榑トンネルから約1キロ離れた片側一車線で、車から見て左にカーブがかかった国道。2人は名古屋方面に向かっていたとみられ、何らかの原因でハンドル操作を誤ったとみて詳しい原因を調べている。

伊勢新聞

最終更新:12/5(火) 11:00
伊勢新聞社