ここから本文です

【ふるさと納税】かけこみにピッタリな「ポイント制」とは? 来年に繰り越せるポイントを返礼品として受け取る

2017/12/5(火) 12:02配信

マネーの達人

もう12月、2017年も残すところ約1か月をきりました。

そろそろふるさと納税もかけこみの時期に入っていますよね。

ですが、まだまだ寄付金額に余裕があるのにもかかわらず、「受け取りたい返礼品がない」という人は少なくないのではないでしょうか?

食料品を一気に申し込みしてしまうと保管場所にも困りますし、冷蔵庫もすでにパンパン。

せっかく断捨離をしたのに、今またすぐに物を増やしたくない…。そんな方は、返礼品を選ぶにも困ってしまいますよね。

しかし、今年のふるさと納税限度額は来年へは繰り越せません。

まだ限度額に余裕があるのに、残すのはもったいない…。そんな時は、「ポイント制」がおすすめです!

ポイント制ってどんなもの?

ポイント制とは、寄付をした自治体から、「ポイント」を返礼品として受け取ることです。

普通は、返礼品として物が送られてきますが、ポイント制は、寄付した金額に応じてポイントが付与されます。

返礼品ごとにポイントがつけられていて、付与されたポイントを使って返礼品を選び、受取れるという仕組みです。

つまり、先に寄付をしておいて、返礼品を後ほど選ぶという形になります。

ポイント制の最大のメリットは、「積み立て」ができることです。

ふるさと納税の寄付限度額は繰り込しできませんが、ポイントは翌年へ繰り越すことが可能なのです。

ポイントを繰り越しておけば、ゆっくり返礼品を選ぶことができますし、好きなものが見つかった時に利用できるメリットがあります。

また、ポイントを積み立てておいて、高額な返礼品をゲットすることも可能なのです。

ポイント制を利用すれば、年末にかけこみで品物を選ぶ必要がありません。

残りの限度額分を、すべてポイントへ変えてしまえば、限度額もムダにせず、翌年欲しいものが見つかったタイミングで品物を受け取ることができるのです。

ポイント制は「贈答用」としても使える!

ポイント制は、お中元やお歳暮、プレゼントなど、贈答用として使える場合が多いです。

なぜなら、ポイント制を採用している自治体の多くは、返礼品やポイントの管理を委託しているところが多いからです。

自治体自らがポイントや返礼品の管理を行っていないと、発送日や発送先の指定もある程度できる場合が多いため、贈答用として利用する人が増えています。

贈答用の品物は案外高価なものが多いですし、贈る人が増えれば増えただけ出費もかさむものです。

そこでふるさと納税を利用すれば、実質2,000円の出費で済みますし、贈答用の返礼品もたくさんあるので、選ぶ楽しみも倍増しますよ。

普段から人へ贈り物をすることがある人や、お中元等のやり取りがある人であればなおさらおすすめです。

1/2ページ

最終更新:2017/12/5(火) 12:02
マネーの達人