ここから本文です

年度内に宿舎など発注へ 宮古島駐屯地施設設備

12/5(火) 12:00配信

宮古毎日新聞

 沖縄県宮古島市で3日に行われた宮古島駐屯地(仮称)の建設工事に伴う沖縄防衛局の住民説明会で、同局から今後の施設整備の概要と工程表が説明された。


 それによる同駐屯地の主な施設としては▽隊庁舎4棟▽食堂・福利厚生施設▽車輌整備場2棟▽警衛所▽倉庫▽宿舎6棟-などを計画している。


 このうち、宿舎6棟と隊庁舎2棟、食堂・福利厚生施設、給油所、警衛所などを今度中に工事発注し、工事実施を予定している。


 次年度以降は、隊庁舎2棟と医務室、車輌整備場、グラウンド、倉庫などを計画している。


 また、駐屯地の正門は東側の市道面に位置し、その近くに警衛所を建設するほか、北側と南側にそれぞれ、通用門が設置される。


 今後の工程としては、現在実施している磁気探査と造成等工事の伐採が来年6月まで、掘削・盛土等が来年の5月までを予定している。


 来年1月からは仮設道路の工事が1カ月間行われ、3月からは外柵の工事も6月までの予定で行われる。


 そのほか、本体工事等は来年2月にスタートし、19年の3月までを予定しているが、すべての施設が完成する時期は現在決まっていない。

最終更新:12/5(火) 12:00
宮古毎日新聞