ここから本文です

イスや机を収穫?家具が育つ不思議な農園「Full Grown」

12/5(火) 15:00配信

bouncy

イングランド中部のダービーシャー州にたたずむ「Full Grown」は、なんとイスや机が生えてくるという不思議な農園だという。デザイナー兼アーティストのGavin Munro氏が数年以上かけて編み出した、家具を育てる方法とは?

農園で家具を完成させる方法とは

「Full Grown」では、何年もの歳月をかけてひとつずつ手作業で家具を完成させるという。これまで「Full Grown」で実際に作られている家具としては、ランプシェード、イス、テーブル、ミラーフレームなどがあるそうだ。

「Full Grown」の農園で育つ「育てる家具」の作り方は以下の通り。

1:幼木を植えて水を十分に与える
2:せん定や接ぎ木を行いながら、家具のフレームにそわせて成長させる
3:家具の形になってから、数年間成長させて強度を高める
4:時期を見て収穫し、完成形に合わせて研磨、ニス塗りで完成

効率的で環境にやさしい家具づくり

家具は何千年もの間、人々の生活を支えてきた。現代の家具を大量生産する製造プロセスは、木材の伐採や加工などで余分なコストやエネルギーがかかり、環境にも大きなダメージを与えることが多いという。

「Full Grown」の家具は完成するまでに4年から8年という年月を要するが、必要なエネルギーは従来のイスの製造プロセスの4分の1で済むそうだ。
・ ・ ・

木を特定の形に成長させることで、接続部のない家具を作り出す「Full Grown」。まだ家具の販売はスタートしていないが、2018年にイスを発売予定。先行予約も受け付けており、2023年までの待機リストを用意しているとのこと。

工業製品は安価で手軽に手に入る一方で、地球環境に影響を与えているのかもしれない。何年もかけてようやくひとつが完成する「Full Grown」のイスなら、座るたびにエコロジーへの配慮を思い出すことができそうだ。

Full Grown

Viibar.Inc

最終更新:12/5(火) 15:00
bouncy