ここから本文です

ローエンドでもベゼルレス。Xiaomiがインドの大人気シリーズの新型「Redmi 5/5 Plus」を12月7日にリリースか?

12/5(火) 11:44配信

ギズモード・ジャパン

ローエンドモデルもベゼルレス化の流れ?

中国のApple(アップル)ことXiaomi(シャオミ)。ハイスペックで高級感のあるフラグシップモデル「Mi Mix 2」を9月にリリースしたばかりです。The Vergeによれば、Xiaomiがどうやらローエンドモデルとしてインドでかなりの人気を誇る「Redmi」シリーズの新型、Redmi 5/5 Plusを12月7日に中国で発表予定のようですよ! Xiaomiのプロダクトマネジメント・ディレクターのDonovan Sungさんが、Twitterで写真(上掲)とともに情報を投稿したので間違いないでしょう。

なお、価格やスペックについての詳しい情報はわかっていませんが、前モデル「Redmi 4」は、5インチ(HD)ディスプレイ、Snapdragon 435、2GB/3GB/4GBのRAM、16GB/32GB/64GBの内部ストレージ、1300万画素のカメラ、そしてバッテリー4,100mAhという仕様でした。価格も6,999インドルピー(約1万2370円)という格安設定。

写真を見たところベゼルが狭くなっており、一見最近のフラグシップモデルの雰囲気すら漂わせています。やっぱり大画面はいいですねぇ。カラバリはブラック、ピンク、ライトブルーの3種類が確認できます。

ディスプレイの4隅が微妙に曲線になっているのは個人的にすごく好きなデザイン。デュアルカメラは採用されていないようですが、ローエンドモデルなのでこれは仕方ないですね。ただ、Redmi 5と5 Plusの違いが写真ではよくわからない…本体サイズの違いなのでしょうか?

Redmiといえば、過去「Redmi Note 4」がインド人のポケットの中で発火するなんていうとんでもない事故もありましたが、このシリーズはインドでは業界一、二を争う大人気モデルなんだそう。今回のハイエンドモデル級の出で立ちはさらに多くの人気を呼ぶのではないでしょうか。

日本での販売はないでしょうけど、新興国限定で発売されているモデルって低価格でなかなか独自の進化を遂げていたりもするので、ちょっと手に入れてみたい気すらしてきます。

きっと格安スマホにも、これから少しずつ「ほぼベゼルレス」ディスプレイの流行りがやってくるのかもしれませんね。

Image: Twitter
Source: The Verge, Twitter, Xiaomi

(Doga)