ここから本文です

「都合のいい女になりたい」須藤凜々花、ヒップホップへの愛を語る

12/5(火) 12:01配信

AbemaTIMES

元NMB48の“りりぽん”こと須藤凜々花が「ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT」(AbemaTV)に出演した。

りりぽんといえば、第9回AKB48選抜総選挙で結婚発表して大炎上、さらに騒動の中心にいた時に着た「DAMN(くそったれ)」Tシャツが話題になり、間接的にケンドリック・ラマーが芸能ニュースの一面を飾るという異常事態も巻き起こした。

ちなみにこのTシャツは、宇多丸やサ上とも関係が深いDJ YANATAKEからプレゼントされたもの。彼女はYANATAKEも携わるインターネットラジオ局WREPの帯番組「渋谷WREP学園」で木曜日のレギュラーMCを務めており、番組で「このTシャツを着てAKB総選挙でブチかます!」と宣言したことから、くだんの騒動に発展してしまったようだ。これを聞いた宇多丸は「そんなミクロな約束のためにわざわざ……」と苦笑した。

そんな彼女がヒップホップにハマったきっかけは、現在41歳の母がRIP SLYMEを好きだったことからだという。さらに中2の時にキングギドラの「公開処刑 feat. BOY-KEN」にハマり、そこからどんどんドープになっていったという。宇多丸は「ちなみに、SU(RIP SLYME)はあの曲を聴いて、Kダブシャインに『なんであんなこと言うんですか!?』って聞いたんだよ。そしたらKダブシャインは『ビジネスだよ』って答えたらしいよ(笑)。これはヒップホップ史上に残る名言ですね」と「公開処刑」の裏話を暴露した。

さらに番組では、りりぽんがコラボしたいラッパーを発表。第3位はChaki Zulu。すかさずサ上が「ラッパーじゃねえよ!」とツッコミを入れるが、りりぽんはChaki Zuluにプロデュースしてもらいたいらしい。2位はZORN。そして1位はPRIMAL。この人選に宇多丸&サ上は絶句したが、りりぽんは「Twittierやってて一番嬉しかったことはPRIMALさんにフォローされたこと」とおかまいなしに続ける。

また、イケメンラッパーも選んできたというりりぽん。しかし、第3位がUZIだと発表すると、スタジオには微妙な沈黙が走る。どのラインでのイケメンなのかを一堂が掴みかねていると、りりぽんは「中身が男前すぎる」と絶賛した。2位はTwitterでも2ショット写真を公開していたISSUGI。サ上が「ISSUGIはめっちゃカッコいいよ。バトルでは俺が勝ったけどね」とマウンティングアピールすると、宇多丸が「みっともないぞ」と肩を叩く小芝居でスタジオを沸かせた。
ここまでくると、がぜん気になるのは1位。りりぽんのハートを射抜いたイケメンは誰なのか? 皆が固唾を飲んで見守った注目の1位は、なんとDOGMA。ストリートすぎる人選に宇多丸&サ上は爆笑。りりぽんは「観てください、この悪そうな顔! 私、悪そうな人が好きなんですよ!」と絶賛した。

りりぽんはヒップホップが好きすぎて、家でよく弟と「こんなにかっこいいラッパーたちがもっと稼げるようになるために、自分たちができることは何か?」ということを真剣に議論しているらしい。その結論として出たのは「ヒップホップのためになんでもする。私はヒップホップにとって都合のいい女になりたい」ということらしい。これを聞いた宇多丸は「パンチラインきましたよ。明日の釣り記事はこれで決まりだね!」とりりぽんを絶賛した。

最終更新:12/5(火) 12:01
AbemaTIMES