ここから本文です

シエラレオネの「平和のダイヤ」、7億円超で落札 過去50年で最大

2017/12/5(火) 13:32配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月5日 AFP】米ニューヨークで4日、シエラレオネ政府がかつて武装勢力などの資金源となっていた「血のダイヤモンド」に代わる「平和のダイヤモンド」として出品したダイヤモンドの原石が競売にかけられ、650万ドル(約7億3000万円)で落札された。

 このダイヤの原石はエマニュエル・モモー(Emmanuel Momoh)牧師が設立した企業が3月に採掘したもので709カラットある。専門家によれば、過去50年間でシエラレオネで見つかったものとしては最大で、世界でも10~15番目の大きさだ。

 モモー牧師はこのダイヤ原石の収益をシエラレオネの発展に役立ててほしいと願い、その販売をシエラレオネ政府の手に委ねた。

 今回の競売を担当したオークション会社を運営するマーティン・ラパポート(Martin Rapaport)氏によると、ダイヤ原石を落札したのは英国の宝石商ローレンス・グラフ(Laurence Graff)氏。

 シエラレオネ政府は、落札額として700万ドル(約7億9000万円)を見込んでいた。

 ダイヤ原石を競売にかけた収益について、シエラレオネ人業者の一人は「水道や電気、道路の整備などシエラレオネ国民のために使われるべきだ」とAFPに語った。(c)AFPBB News

最終更新:2017/12/6(水) 16:46
AFPBB News