ここから本文です

福岡で初雪 平年より早く 九州地方、今季一番の強い寒気

12/5(火) 12:01配信

西日本新聞

 九州地方は5日午前、上空に今季一番の強い寒気が流れ込んだ影響で、厳しい冷え込みとなった。福岡、佐賀熊本各市でそれぞれ平年より10~18日早い初雪を観測。福岡県豊前市、同県みやこ町などの山間部では積雪した。

 福岡管区気象台によると、今季最低を記録したのは北九州市小倉南区5・3度▽長崎県対馬市1・9度▽熊本県・阿蘇山氷点下5・5度など。福岡市中央区では午前7時35分からみぞれが降り始めた。日中も気温は上がらず、夜にかけて山間部を中心に大雪となる可能性がある。6日も厳しい寒さが続く。

 豊前市鳥井畑の求菩提園地周辺は同日未明から雪が降り初め、一面銀世界に。福岡市早良区の脊振山の麓では、しんしんと降り続く中、肩をすぼめて歩く人も。住民は「朝から一気に降り始めた。積もらないか心配」と話していた。

=2017/12/05 西日本新聞=

西日本新聞社

最終更新:12/5(火) 12:20
西日本新聞