ここから本文です

県版GAP初の審査 五輪食材向け農家訪問

2017/12/5(火) 11:09配信

宮崎日日新聞

 県産農産物の安全性などを示す本県独自の認証制度「ひなたGAP」の初めての現地審査は4日、高鍋町の農家であった。GAP認証の取得は2020年東京五輪・パラリンピックでの食材提供要件にもなっており、県は年度内に30件、20年までに200件の認証を目指している。

宮崎日日新聞

最終更新:2017/12/5(火) 11:09
宮崎日日新聞