ここから本文です

着物姿の女性が集結、魅力語る 川崎

2017/12/5(火) 12:12配信

カナロコ by 神奈川新聞

 「着物の女王」といわれる、鹿児島県の奄美大島の絹織物「大島紬(つむぎ)」をはじめ、着物の良さを見直してもらう集いが1日、川崎市幸区で行われ、市民や業界関係者らが参加した。

 大島紬や着物をリメークした衣装などを着た女性らが集まり、着物の魅力などを語り合った。企画した同区の主婦三上信子さん(70)は「着物は母親の形見として残っていても、手入れが大変なのでなかなかタンスから出されることがない。それを着る機会をつくり、素晴らしさを知ってもらいたい」と話していた。